MENU

さて、あなたが万が一、ワキガ、多汗症だったとします。

そんな時「いきなり手術!」というのはあまりにも乱暴な決断ですね。

 

もちろん根本的、徹底的にワキガ、多汗症直すのは手術しかありません。

 

しかし手術をするほどひどい状態ではない場合や、「手術はちょっと…」と思う方は、まず、自分でできるワキガ、多汗症の改善策にトライしてみてはいかがでしょうか?

 

生活習慣を変えることや、ほんの小さな心がけで、ワキガ、多汗症の症状は和らぎます。

 

少しでも症状が改善されれば、そのことによってワキガ臭や多汗症に悩むことが少なくなり、その結果、汗の分泌が減り、さらに改善の意図をたどることもあるのです。

 

ここでは身近で手軽な方法と間違った方法、また自然の治癒力を利用した方法をいくつか紹介します。

 

$日常生活でできるあれこれ

 

※基本は清潔を心がけること

 

ワキガ臭の主たる主たる原因は、アポクリン感染と皮脂腺からの分泌物をエクリン汗が広げ、それが皮膚上の細菌によって分解されるときに発生する腐敗臭だと言う事は、散々お伝えしてきましたので理解していただけたかと思います。

 

ワキガ臭発生にはこの3つが揃うことが条件ですから、この要因を1つでも取り除くことができたなら、匂いは減少したり、無くなったりしたりするはずです。

 

それには生活が大事です。

 

清潔を保って細菌は繁殖しません。

 

ですからいつでも脇の汗をこまめにとって、清潔を心がけることがワキガ対策の第一歩です。

 

これだけで軽度のワキガの人なら臭いの軽減が見込めます。

 

もちろん汗を気にしてる人はそんなこと言われるまでもなく、人一倍清潔に気をつけていることと思いますが、ここで清潔を保つためのポイントを整理しておきましょう。

 

脇の汗を拭く際に殺菌剤を含ませたコットンを使うと、黄色ブドウ球菌などの常在菌を殺菌するのに効果的です。

 

殺菌剤としては昔からホウ酸が使われてきましたが、市販の消毒用軟膏なども同じ効果があります。

 

この方法の難点は手間と時間がかかると言うことが挙げられます。

 

脇をきれいに洗い、殺菌剤を出る。

 

これを数時間おきに繰り返さなければなりません。

 

数日間の旅行や大事な日だけなら問題ありませんが、あまりに長期にわたって殺菌剤を使い続けると、知らず知らずのうちに皮膚を痛めてしまうことがあるので注意してください。

 

汗腺から汗と細菌の発生をなるべく抑えるために、もう一つ忘れてはならないのがわき毛の処理です。

 

わき毛があると、それに皮脂が絡みやすく、細菌が繁殖する温床になりやすいからです。

 

冬でもサボらずワキ毛を除去するようにしましょう。

 

※制汗剤を上手に利用しよう

 

近年の消臭志向を受けて、多くの制汗剤、あるいはデオドラント製品が市場に出回っています。

 

参考:クリアネオの口コミサイト

 

これらは医薬品ではありませんから、ワキガや多汗症を治すのではなく、臭いの発生源である汗と雑菌を抑えているだけです。

 

ですからあくまで一時的な効用しか期待できません。

 

デオドラント製品を大きく分けると

 

  1. 「制汗剤」
  2. 「殺菌剤」
  3. 「消臭剤」

 

の3つに分けられます。

 

制汗剤は毛細血管を収縮させることで発汗を抑える作用があります。

 

強度のワキガ臭に悩む人は抗菌殺菌作用の強い殺菌剤を選ぶのがポイントです。

 

これは汗を分解する殺菌細菌を断って臭いを発生させないようにしてしまうという考え方です。

 

スプレー式より軟膏タイプやスティック色のものがお勧めです。

 

また殺菌剤には様々な香りのものが出ていますが、無臭、無香料のものが良いでしょう。

 

なぜならこれらの香料によってワキガの匂いが強調されたり、ブレンドされてさらに嫌な匂いなることもあるからです。

 

もう一つの注意点としては、抗菌殺菌作用の高いものは使いすぎると常在菌を死滅させ、湿疹やかぶれなどの肌のトラブルの原因になると言うことです。

 

1日に執拗に何度も出るものではありません。

 

ワキガではないが汗の匂いが気になる、といった程度の人には消臭作用のある植物抽出エキス配合のウェットシートで脇を軽く拭くだけで汗を抑えられます。

 

手頃でかつ、効果的です。

 

昔ながらの焼きミョウバンや、ホウ酸の粉末を塗るだけでも効果があります。

 

どんな制汗剤にしても、もし使ってみて、かぶれや色素沈着が起こるようであれば、違う製品を選び直しましょう。

 

また家に帰ったら、洗い流すことも忘れないようにしてください。